今日の一句一覧はこちら

志士ししたちのこころにふれておち葉踏ばふ
福本鯨洋

天誅の志士が幽閉されたという倉がある。老樹の桜がその上を覆っている。忠誠心を歌った血書の柱などがあり、その心を偲んでしばしたたずんだ。

「福本鯨洋集」
自註現代俳句シリーズ三( 三〇)

十一月二十七日

読み物

トピックス

創立六十周年記念事業 俳人協会所蔵名品展テープカット

11月1日に俳句文学館に於いて創立60周年記念事業 俳人協会所蔵名品展のテープカットがとり行われました。そのテープカットの模様を収めた動画をご覧ください。またその見どころをコンパクトにまとめた動画も作りました。好評につき12月18日まで開催していますので是非ご来場ください。
  
俳人協会所蔵名品展テープカット     名品展見どころガイド

2022/11/16更新

俳人協会所蔵名品展(創立六十周年記念事業)

-近世俳諧の潮流・歴代会長八名の足跡-
 昨年、俳人協会は創立60周年を記念して開催予定だった「俳人協会所属名品展-近世俳諧の潮流·歴代会長八名の足跡」は、感染症拡大防止の観点から今年11月に延期となりました。俳人協会の所蔵する芭蕉·丈草·其角·蕪村·一茶関連の書簡や軸、短冊などの資料20点余りを展示いたします。また、「歴代会長八名の足跡」では、各会長の句集、俳誌の他、初公開の色紙·短冊も展示いたします。ぜひこの機会にご観覧ください。

開催期間 令和4年11月1日(火)~11月30日(水)             ***好評につき12月18(日)まで延長
開館時間 10:00~16:00(最終入館15:30)※11月11日(金)12月9日(金)19:00まで開館
休館日  木曜日、11月16日(水)
入館料  無料
会 場  〒169-8521 東京都新宿区百人町3-28-10 俳句文学館
アクセス JR中央·総武線大久保駅(北口)下車 徒歩5分
     JR山手線新大久保駅下車 徒歩10分
問い合わせ先 TEL(03)3367-6621  FAX(03)3367-6656
①   ②   ③       ④        ⑤         ⑥
      
①立圃「いはさるや」画賛 ②蕪村「踏破蒼苔」自画賛 ③丈草「野遊を」発句 ④~⑥其角批点「雪の梅」百韻

2022/11/01更新

令和4年11月 俳句文学館利用案内

■休  館 木曜日・11/16(水)
■開館時間 10:00~16:00 ★第2金曜日は19:30まで(展示室は19:00まで)
■図書閲覧室 10:00~16:00(定員16名) ★第2金曜日は19:30まで
  ★レファレンスのお申込みは、葉書かFAXで受けつけております。
■展示室  「俳人協会所蔵名品展」-近世俳諧の潮流・歴代会長八名の足跡-
■会議室  10:00~12:00・13:00~16:00 完全予約制 使用申込用紙にて受付
  地下ホール(30名)/3階会議室(15名)
  ★現在、4階会議室のご利用を受けつけておりません。

 ★俳句文学館入口で検温と消毒と記帳、マスクの着用をお願いします。
 ★新型コロナウイルス感染の状況により、変更になる場合があります。(令和4年11月1日現在)

2022/11/01更新

令和4年秋季俳句講座第4回 動画配信

「私と季語(3)」
第4回 谷口 智行 「こだわりの季語」

熊野に暮らす者として、こだわっておきたい季語がいくつかある。その作例や季語の背景を紹介し、ともに考えてゆきたい。
10月25日(火)10時より配信
視聴するには右の下の画像をクリックしてください。➡
ご意見・ご感想をメールでお聞かせください。
(メール:haijinkyokai_koza@neo.famille.ne.jp)

2022/10/25更新

第6回新鋭俳句賞 決定

第6回新鋭俳句賞は、10月23日、当協会において選考会を行い、以下の通りに決定いたしました。

正賞 芳山 遊   「麻」  「道づれ」 
準賞 木内 縉太  「澤」  「砂上の文字」

選考会の模様を撮影したビデオを、後日HPにて日程を決め放映する予定です。
放映日は「俳句文学館」紙上、HPにて改めてご案内申しあげます。

受賞作品はこちらへ。
候補作品集はこちらへ。

2022/10/25更新

>過去のトピックスの一覧