今日の一句

九月二十二日
おなくれない曼珠沙まんじゅしゃ津田清子

朝、出征兵士を送り、夕べ英霊を迎えた二十歳の日の曼珠沙華。

「津田清子集」
自註現代俳句シリーズ三( 二一)

九月二十一日
りょう夜待やま猫数匹ねこすうひきへいうえ関根喜美

塀の猫たちもなにか感じている様子。

「関根喜美集」
自註現代俳句シリーズ一一( 一三)

九月二十日
あまりにも海青うみあおかりし敬老けいろう大牧 広

海というのはふしぎなもので穏やかなときでもさびしい一面を漂わせている。真青な海と敬老日とひびき合うのを感じたのだった。

「大牧 広集」
自註現代俳句シリーズ六( 五一)

九月十九日
糸瓜へちま一番鶏いちばんどりかれをり小笠原和男

「語りたき事みな涙獺祭忌 鼠骨」子規庵守 寒川鼠骨が子規庵重修記念に子規の本稿を送ってくれたので表装して床に飾った。

「小笠原和男集」
自註現代俳句シリーズ六( 二六)

九月十八日
待宵まつよいちに子泣こなくをしたしとも吉野義子

琵琶湖堅田で数人の友と月を愛でた。突然どこかで幼子がはげしく泣いた。見も知らぬ子なのになぜか駈けて行き抱きかかえたい衝動にかられた。

「吉野義子集」
自註現代俳句シリーズ四( 五四)

九月十七日
しゅう夜読やよ万葉まんようしゅうこいうた藤井吉道

万葉集の歌はどの歌にも素朴な感情が自由に直截に力強く表現されている。その中でも特に恋の歌( 相聞歌)に深い感動を覚える。

「藤井吉道集」
自註現代俳句シリーズ一一( 二五)

九月十六日
たきそらばたきせつにあか蜻蛉とんぼ田中敦子

片品川に沿った日本ロマンチック街道。名勝吹割の滝。吹き上がる滝霧に煽られながら、健気に羽搏く赤蜻蛉の群。

「田中敦子集」
自註現代俳句シリーズ一〇( 三五)

九月十五日
ちらほらとてきてどつと曼珠沙まんじゅしゃ小圷健水

「花鳥来」の高麗・巾着田吟行。巾着田までの道端にも結構曼珠沙華が咲いていたが、巾着田に着いて目を見張った。一面の曼珠沙華。

「小圷健水集」
自註現代俳句シリーズ一二( 三八)

九月十四日
鈴虫すずむしほしれやまず名村早智子

聖護院門跡と平安神宮の間にある我が家の周りは、市内でもまだまだ自然に恵まれたところ。鈴虫の声が夜空に澄み渡る。

「名村早智子集」
自註現代俳句シリーズ一二( 三九)

九月十三日
くさめばみず虫多むしおお右城暮石

秋の野道を歩いていると、人の気配に驚いて草に潜んでいた虫たちが次々と跳ねて行く手を開いてくれる。虫の声に気づかなかったので、こんなに多くの虫がいるとは知らなかった。次々と水中に飛び込んでいった虫たちのなんと多いこと。( 森井美知代)

 
「右城暮石集」 脚註名句シリーズ二( 八)

九月十二日
かく耶蘇寝やそね墓花ばかはなをなすところ江口竹亭

長崎の俳友に迎えられハイヤーに分乗して大山に向った。大山は隠れ耶蘇の部落で、寝墓は遙かに海に臨む大花野であった。

「江口竹亭集」
自註現代俳句シリーズ三( 六)

九月十一日
こくよりあめちかづく鶏頭げいとう吉田鴻司

鶏頭に対して葉がとくに美しく、八、九月頃に緑色だった葉が深紅、黄色、紫色などに鮮やかに色づき、斑入りも多く美しい。いま琵琶湖より雨が近づきつつある。そのためか、色とりどりの葉が燃えたつようにいっそう鮮やかであった。

「吉田鴻司集」
脚註名句シリーズ二( 一六)

九月十日
つきみのかみらせるうろこぐも若木一朗

一つ一つの雲の鱗が月光で輝やいていた。この美しさを創造出来るのは月の神、その神の饗宴の座としか思えなかった。

「若木一朗集」
自註現代俳句シリーズ六( 七)

九月九日
谿深たにふかくず背負せお背負せお松本澄江

中年の女の人が谿底の径を刈り取った真葛を背負い、その上に子供を背負って帰る姿を見て驚いた。近頃では全く見られない情景。

「松本澄江集」
自註現代俳句シリーズ六( 二九)

九月八日
モネてんぐちまでうみきり金丸鐵蕉

水戸市の県立美術館でモネ展が開催され、フランス印象派モネの傑作「睡蓮」が特に印象深かった。千波湖の霧が静かに寄せていた。

「金丸鐵蕉集」
自註現代俳句シリーズ一一( 二〇)

九月七日白露
山萩やまはぎのふふみそめたりすけ立半青紹

今は、昔のお芝居の「弥助の碑」に物語のある吉野は、何処を歩いても俳句が出来る。そうおっしゃったのは忠先生である。

「立半青紹集」
自註現代俳句シリーズ一〇( 四七)

九月六日
雪国ゆきぐにゆきのごときはなすすき本宮鼎三

亡父の故郷新潟燕市での作。「争へぬ血のつながりの温め酒」は遠縁の「河」の本宮哲郎氏に、また「菊膾働きものの嫁のゐて」は従兄への挨拶句。

「本宮鼎三集」
自註現代俳句シリーズ六( 一)

九月五日
しやりしやりとあき蚕食ごはみをりおび久保千鶴子

未来図同人会で舞浜のホテルに一泊。主宰も交えての袋回しで秋蚕の席題句。父の生家で見た蚕の上蔟の頃、女衆が交替で眠る光景がすぐ浮んだ。

「久保千鶴子集」
自註現代俳句シリーズ八( 一一)

九月四日
紅白こうはく萩門前はぎもんぜんけし舘岡沙緻

石田波郷生家門前。御親族の方がお住みとのことであった。

「舘岡沙緻集」
自註現代俳句シリーズ七( 一二)

九月三日
さとしさとされをみなへしをとこへし檜 紀代

サ・シ・ス・セ・ソ――五十音の中でサ行音が一番うつくしい、と私は思う。

「檜 紀代集」
自註現代俳句シリーズ五( 二五)

九月二日
はは一齢加いちれいくわかねたたき三田きえ子

五十一歳でこの世を去った母は、いまも五十一歳のままで私の心を占めている。

「三田きえ子集」
自註現代俳句シリーズ七( 一四)

九月一日
みねやくくものがさず下村非文

今日は二百十日の厄日である。台風の来るのを恐れていると、峯に雲が現れて来た。それを決して見のがさない心構えである。

「下村非文集」
自註現代俳句シリーズ三( 一八)

八月三十一日
ひこすそひき稲光いなびか山崎羅春

豊かな稔りをもたらすという稲光り、神と仰ぐ弥彦嶺の裾に一閃の光が走る。あたかも闇の裳裾を引き裂くように。

「山崎羅春集」
自註現代俳句シリーズ一一( 一)

八月三十日
ねこかえるところありあまがわ西東三鬼

時が来ると猫も啼きながら帰るべき場所に向う。しかるに、われには心やすまるべきところもない。天空にひろがる銀河を見ながらやや感傷的。『変身』

「西東三鬼集」
脚註名句シリーズ一( 九)

八月二十九日
秋暑あきあつひんならざるにどんなる雨宮昌吉

貧者が貪欲になるのなら理解出来るが、どうも金が貯まり出すと賤しくなりそうである。金が人の心を変えるのは古今東西不変の真理。人間の業。

「雨宮昌吉集」
自註現代俳句シリーズ四( 三)

八月二十八日
あかつきのせい気真きましろすいよう河野静雲

筑後の俳人より花鳥山仏心寺に一樹の酔芙蓉が寄贈植樹された。五、六年にして一般芙蓉花と異なる八重咲の高雅な花を咲かせた。暁は白、正午より酔い初め夕方はピンクと化す八重咲の美花である。ホトトギス巻頭句で「日にほのと紅さしそめし酔芙蓉」の句も共に。

 
「河野静雲集」 脚註名句シリーズ一( 七)

八月二十七日
かみまふやまよりれて星月ほしづき大原雪山

前に同じ。四千メートルのキャンプサイトより仰ぐ星空は、一種凄惨な感じ。吸い込まれそうな感じになる。周りには七千メートルクラスの山々。

「大原雪山集」
自註現代俳句シリーズ一一( 三六)

八月二十六日
かなかなのこえのいきなりたかかな谷口忠男

夜長会で笠間へ。城址にはかなかながしきりに啼いていたが、その啼き出しの音程の高さに驚かされた。

「谷口忠男集」
自註現代俳句シリーズ一〇( 五〇)

八月二十五日
特段とくだんはなおお施餓鬼せがき川澄祐勝

普段の法要は殆ど広板敷一間で営まれるが、大施餓鬼の日は特段の間も開け放たれる。

「川澄祐勝集」
自註現代俳句シリーズ九( 二三)

八月二十四日
ちちははのりゅうとうおなじとも髙崎武義

父に遅れること九か月、父の後を追って母も他界した。私は北支山西省太原市の日本中学校に在席していた。

「髙崎武義集」
自註現代俳句シリーズ七( 四四)