第61回 全国俳句大会 一般の部

【大会賞】

帰省子の寝転ぶ畳拭いて待つ   松下宏民(神奈川県)

徘徊の母を日傘に包み込む   江藤隆刀庵(兵庫県)

雪がふるおとぎ話をするやうに   赤繁忠弘(北海道)

人に会はねば白服の白きまま ※発表後に取消し

遺産なく遺品は多し梅真白   石本悦夫(東京都)

 

 

【秀逸賞】

百段を掃きおろしたる落葉かな   倉谷安子(神奈川県)

水馬のふんばる田水落しけり   鈴木勝也(宮城県)

みそ汁を鍋ごと運び火事見舞   若林杜紀子(東京都)

交番の壁に祭の予定表   清水ゆみ子(東京都)

胡麻干して空海の寺まもりけり   坂本たか子(広島県)

三陸の海へ卒業報告す   尾崎恵美子(愛知県)

持ち出せし物みな雪を積む火事場 富田範保(愛知県)

木曽殿のうしろに拾ふ落し文   池田華甲(京都府)

苗札を立てまちがへたかも知れぬ   早坂洋子(東京都)

さへづりや触読の指ふと止り   藤岡満(大阪府)

 

※各選者の特選は3句ですが、類句や既発表句があった作品は削除しています

伊藤伊那男特選

人に会はねば白服の白きまま ※発表後に取消し

 

 

今井聖特選

人に会はねば白服の白きまま ※発表後に取消し

 

登山靴の男の隣る美術館   植村可南

売りに行く古ブランデー夏の月    江見悦子

 

今瀬剛一特選

百段を掃きおろしたる落葉かな   倉谷安子

人に会はねば白服の白きまま ※発表後に取消し

 

剪定をしてゐるらしき松の揺れ   須賀ゆかり

 

大石悦子特選

花吹雪くたびに昂ぶる母の手話  逸見彬有

徘徊の母を日傘に包み込む   江藤隆刀庵

 

大串章特選

綾取りの橋に名は無し水温む   きくち宏

俳諧といふ逃げ水に追ひ付けず   佐々木典子

百歳の柩に入るる春帽子   亀井しげみ

 

小川軽舟特選

胡麻干して空海の寺まもりけり   坂本たか子

露けさや山の校舎に灯が一つ   坂本たか子

 

小澤實特選

草刈の耳のなかから草の屑   前田留菜

梁すべる青大将の太き腹   高嶋あけみ

寺の子の初の法衣や桜咲く   石松昌子

 

櫂未知子特選

三尺の橋にも名あり返り花   安田一義

反故を焚く小さきくれなゐ久女の忌   矢野みはる

手のひらの仔猫のぬくみ軽ろからず   郡司幸子

 

角谷昌子特選

掌に温き牛の胎動クリスマス   東洸陽

一本の糸に委ねて子蜘蛛散る   小野薫

砲煙か焦土の灰か霾れり   市原久義

 

加古宗也特選

島人の半分は海女鹿尾菜刈る   阿部正調

帰省子の寝転ぶ畳拭いて待つ   松下宏民

三人の卒業あすは島離る   野田ますみ

 

柏原眠雨特選

遠足の日記はみんな猿のこと   秋谷美智子

新調の靴春泥を踏み赴任   本間ヱミ子

仲見世を逸れ風鈴の音色かな   望月澄子

 

片山由美子特選

雪がふるおとぎ話をするやうに   赤繁忠弘

全身が海の匂ひの日焼の子   西浦すみ恵

 

栗田やすし特選

凍蝶や日へ今生の翅ひろぐ   鵜川久子

せせらぎの音を聞きゐる端居かな   坂本たか子

避難指示解けたる土地や麦青む   海老原元彦

 

古賀雪江特選

春の雪ふつと日ざしの戻りたる   樋口千惠子

おぼろ夜や内ポケットに着信音   大塚功子

 

小島健特選

徘徊の母を日傘に包み込む   江藤隆刀庵

湧きあがる銀河の如し蛍烏賊   内田廣二

凩よ我の老いたる魂を撃て   田子慕古

 

佐怒賀直美特選

冬菫少女の影の中に濃し   松永浮堂

清明や木陰にゆるき山羊の綱   前田貴美子

孕み鹿頸やはらかく座りたる   市村和湖

 

鈴木貞雄特選

徘徊の母を日傘に包み込む   江藤隆刀庵

帰省子の寝転ぶ畳拭いて待つ   松下宏民

 

鈴木しげを特選

三代の島の医院や青芭蕉   中村文子

響かせて生家の竹を伐りにけり   羽生雅春

母たのし死後を語るも花の下   嶋田伸子

 

染谷秀雄特選

九日を菊見て十日逝きにけり   長尾七馬

海峡へ日は傾けり涅槃西風   畑下信子

映しゐる天守崩して藻刈棹   山岡秀

 

徳田千鶴子特選

三陸の海へ卒業報告す   尾崎恵美子

たましひの後退りする踏絵かな   牛飼瑞栄

 

中原道夫特選

麦の秋禾は雨滴を貫いて   新井竜才

煤逃げと笑まひ入院され給ふ   枡野雅憲

炎天の万物動かざるが如   桐野梅子

 

仲村青彦特選

種採つて関東平野一望す   竹田しのぶ

蒼天へ文語のままの卒業歌   折原れつ子

 

西嶋あさ子特選

余生にも百年の計苗木植う   瀬野尚志

一枚は句座となりたる花筵   牛飼瑞栄

 

西村和子特選

日傘振る別れの言葉届かねば   曽我部剛生

雪見酒ととのはぬ間に止んでをり   入野ゆき江

苗札を立てまちがへたかも知れぬ   早坂洋子

 

西山睦特選

東京に時刻を戻し休暇果つ   清水ゆみ子

白鷺の肌の透きゐる抱卵期   畑野圭子

研究の器具を洗ひて卒業す   高橋菊江

 

野中亮介特選

戦火にて知る国のあり鳥帰る   小山秀行

持ち出せし物みな雪を積む火事場   富田範保

登山靴の男の隣る美術館   植村可南

 

能村研三特選

払暁を神に触れむと鷹柱   新垣富子

独楽打つや大きく空に紐をかけ   福田由美子

 

蟇目良雨特選

木曽殿のうしろに拾ふ落し文   池田華甲

寂聴の愛の説法山笑ふ   松村勝美

帰省子の寝転ぶ畳拭いて待つ   松下宏民

 

福永法弘特選

角伐の鹿に宛がふ枕かな   中島たけ子

おぼろ夜の孤舟めきたる駅ピアノ   牛飼瑞栄

水馬のふんばる田水落しけり   鈴木勝也

 

藤本美和子特選

赤子泣く声する方を恵方とす   渡里トモ枝

ジャングルジムどこへ抜けても秋の空   塚本佐市

 

星野恒彦特選

みそ汁を鍋ごと運び火事見舞   若林杜紀子

遺産なく遺品は多し梅真白   石本悦夫

初蝶のうしろよちよち幼児くる   氏家亨

 

松尾隆信特選

流し雛笑顔のままに壇の浦   田村靖子

湧きあがる銀河の如し蛍烏賊   内田廣二

離離離離と終の声出す昼の虫   木原登

 

松岡隆子特選

たましひの後退りする踏絵かな   牛飼瑞栄

戦争の裏側にゐて雛飾る   渡邉幸子

 

三村純也特選

喧嘩独楽傷の数だけ勝ちにけり   郡千惠子

三陸の海へ卒業報告す   尾崎恵美子

交番の壁に祭の予定表   清水ゆみ子

 

村上喜代子特選

雪がふるおとぎ話をするやうに   赤繁忠弘

方円に湖水の満ちて山笑ふ   村井松潭

花ちるや園に老いゆく鳥獣   杉江美枝

 

森田純一郎特選

天花粉赤子をひよいとうらがへし   時政かね代

太竿のしなふほどにも楮干す   古谷彰宏