第59回全国俳句大会 一般の部

【大会賞】

初電車母校の見ゆる側に立つ    吉野真紀子(埼玉県)

職替へて替へて励みし夜学かな    佐藤弘(埼玉県)

豆を打つことも無くなり鬼と棲む    阿久津凍河(青森県)

ぼろ市のコントラバスを鳴らしけり    藤野尚之(宮城県)

母と子の突く音違へ紙風船    佐藤三千子(愛知県)

【秀逸賞】   

サーカスが来て春泥を輝かす    斎藤くめお(栃木県)

寒林といふ明るさを歩きけり    古賀宣道(大分県)

歳時記を繰りて決めたる子猫の名    中里とも子(長野県)

落葉蹴るほどのつまらぬ怒りかな    池田謙児(福岡県)

地蔵会や茣蓙に小さき足のうら    辻睦子(京都府)

芝桜二度目のベルを長く押す    三木光風(徳島県)

職退きて畑打つ遊びありにけり    田中みつを(滋賀県)

紙風船白寿の母の手に返す    山田和子(神奈川県)

炎天下土師器掘り出す爪楊枝    樋口良子(三重県)

外套のまま湯を沸かす夜勤明け    村上玲子(神奈川県)

草もみぢ擦りゆく牛の乳房かな    坂本たか子(広島県)


有馬朗人特選   
ムツクリや火を恋ふ夜の子守唄    藤田美和子
海峡の日暮れ明るし初鰊    名取光恵
北限の海女に魔除けの琥珀玉    和城弘志

茨木和生特選   
落葉蹴るほどのつまらぬ怒りかな    池田謙児
お遍路へ明るき土佐の空と海    山田実

今井聖特選   
白鳥に入つてゆきし落暉かな    小西瞬夏
歳時記を繰りて決めたる子猫の名    中里とも子
福助の鼻のあたりや春の塵    中村優江

今瀬剛一特選   
朝ざくら母をひかりの中に置き    島貫恵

大石悦子特選
古暦応挙の子犬残し置く    清水ひとみ
富士山にお辞儀するごと大根引く    佐藤和成

大串章特選   
探梅や終着駅を振り出しに    辻惠風
海見ゆる窓を磨いて卒業す    礼田比左子

岡田日郎特選   
丸顔の巫女にいただく破魔矢かな    小林由典
風俄か桜吹雪に立ちつくす    中村香子
筒鳥や硫気ただれの火口壁    乘田眞紀子

小川軽舟特選   
ざんと水突く寒暁の刀鍛冶    柏木博
洗ひ場のスタッフ急募花八ツ手    小笠原八千代

小澤實特選   
黒南風の神が神生む熊野かな    山中悦子
昆布曳き上ぐるや舟の揺れに揺れ    馬場尚美
奥社にて受くる御祓桧苗    古谷彰宏

櫂未知子特選   
草もみぢ擦りゆく牛の乳房かな    坂本たか子
ぼろ市のコントラバスを鳴らしけり    藤野尚之
草餅の草よりも濃く仕上りぬ    佐藤幸子

角谷昌子特選   
冷たき手詫ぶる触診菜種梅雨    藤村雅子
外套のまま湯を沸かす夜勤明け    村上玲子
教へ子が子を抱きて来る春祭    間島律水

柏原眠雨特選   
涅槃図の裏の小部屋の句会かな    梅村すみを
炎天下土師器掘り出す爪楊枝    樋口良子
黙示録閉ぢて大根買ひに出る    石田静

片山由美子特選   
ポストまで行くだけのこと春ショール    土居民子
ミモザ咲く四席だけの珈琲店    山﨑隆代
母と子の突く音違へ紙風船    佐藤三千子

栗田やすし特選   
夏帽を胸に原爆ドーム見る    小林恕水
紙風船白寿の母の手に返す    山田和子

古賀雪江特選   
保母の眼は児の眼の高さシャボン玉    百武みどり
津波禍の欄間そびらに武具飾る    阿部竹子
にぎやかな闇となりゆく酉の市    倉谷安子

小島健特選   

全身の泥となりゆく蓮根掘    久保田至誠
日向ぼこみんなまあるい顔となり    脇坂琉美子
職替へて替へて励みし夜学かな    佐藤弘

佐怒賀直美特選   
サーカスが来て春泥を輝かす    斎藤くめお
蟻穴を出て少年の大きな靴    永田英子
大霞して日輪をゆたかにす    秋山蔦

鈴木貞雄特選   
昆布背負ひ襤褸のごとき母の来る    佐々木雅翔
泥足の三和土を抜ける田植の日    瀧本誠
炎天下土師器掘り出す爪楊枝    樋口良子

鈴木しげを特選   
職退きて畑打つ遊びありにけり    田中みつを
蓮根を掘りし田舟の沈みやう    柳生清秀

染谷秀雄特選   
花散らしつつ満開となりゆけり    横山幸嗣
日だまりにキッチンカーや豊の秋    小林博子
数へ日の笊ひとつ買ふ合羽橋    原美香子

鷹羽狩行特選   
寒林といふ明るさを歩きけり    古賀宣道
牡蠣船の戻る音して明けにけり    坂本たか子

德田千鶴子特選   
野火果てて鮮しき闇生れけり    原瞳子
豆を打つことも無くなり鬼と棲む    阿久津凍河

中原道夫特選   
探鳥会雪の戻りとなりにけり    上村佳与
きのふ来てけふ来て親し寒雀    曽我部剛生
白菜を割り福紙のごときもの    望月澄子

仲村青彦特選   
草もみぢ擦りゆく牛の乳房かな    坂本たか子
真つ直ぐに光と影の冬木道    横山武子
喜寿なれや生きゐて父母の墓洗ふ    小谷一夫

西嶋あさ子特選   
小正月父の削りし箸匂ふ    相川シマ
一月や漁小舟に松一枝    石松昌子

西村和子特選   
歳時記を繰りて決めたる子猫の名    中里とも子
地蔵会や茣蓙に小さき足のうら    辻睦子

西山睦特選  
 
塩辛き乳房となりぬ田草取    塚本治彦
原爆忌蜘蛛のつくろふ空一枚    平松尚樹
水害にめくれし大地草萌ゆる    大谷昌子

野中亮介特選   
更衣どの抽斗も妻の顔    橋本正幸
冬ぬくし消印も読むエアメール    西浦すみ恵
向日葵の一本づつのみな正午    成田清子

能村研三特選   
天蓋の雲をつらぬく鷹柱    古賀勇理央
更衣こころ一重になる軽さ    吉田美津江

福永法弘特選   
白山を喰らふ心地の熊の肉    東洸陽

藤本美和子特選   
ぐいぐいと青空が曳き凧揚がる    横山幸嗣
初電車母校の見ゆる側に立つ    吉野真紀子

星野恒彦特選   
風すこし出てきて鳴けり籠の虫    松下宏民
初電車母校の見ゆる側に立つ    吉野真紀子
背番号貰へぬ汗のユニホーム    谷雅夫

正木ゆう子特選   
兄逝けり案山子の横に椅子残し    荒田眞智子
向き向きに朝日をまとひ蜆舟    長谷川紀美子
豆を打つことも無くなり鬼と棲む    阿久津凍河

松尾隆信特選   
春の風ピエロの頬のひとつ星    天野眞由美
日脚伸ぶただそれだけのことなれど    柏木博

三村純也特選   
鷽替や一会の縁重ねつつ    河合瑞代
四万十のここにはじまる山清水    新垣富子
束の間の晴の茅の輪をくぐりけり    坂本ひろの

村上喜代子特選   
花びらの点滴ほどの着地かな    梅田昌孝
豆を打つことも無くなり鬼と棲む    阿久津凍河
職退きて畑打つ遊びありにけり    田中みつを

山崎ひさを特選   
芝桜二度目のベルを長く押す    三木光風
丸薬のころがる母の春炬燵    山本武子
百才の母の指図のあたたかし    石倉かずえ