俳人協会会長

大串 章
大串 章 おおぐし あきら

プロフィール
1937年佐賀県嬉野町生れ
1950年中学時代に「毎日中学生新聞」に詩・短歌・俳句を投稿
1958年京都大学経済学部入学、同人誌「青炎」「若年」「京大俳句」に参加
1959年大野林火主宰「濱」に入会
1962年京都大学卒業 日本鋼管(現JFEスチール)に就職、36年間勤務
1978年第1句集『朝の舟』刊(俳人協会新人賞受賞)
1994年「百鳥」創刊、主宰
1994年評論集『現代俳句の山河』刊(俳人協会評論賞受賞)
2000年「東京新聞」俳句欄選者(8年間)、テレビNHK俳壇選者(2年間)
2002年俳人協会理事、「愛媛新聞」俳句欄選者、NHK学園「俳句春秋」選者
2005年第5句集『大地』刊(俳人協会賞受賞)
2007年「朝日新聞」俳句欄選者
2008年俳人協会常務理事 日本文藝家協会理事
2013年俳人協会副会長
2014年講演集『俳句とともに』刊(文學の森準大賞受賞)
2016年俳人協会副会長兼理事長
2017年俳人協会会長、俳句ユネスコ無形文化遺産登録推進協議会副会長
句集
『朝の舟』『山童記』『百鳥』『天風』『大地』『山河』『海路』
評論集・エッセイ集・講演集
『現代俳句の山河』『抒情の曠野』『自由に楽しむ俳句』『千里同風』『俳句とともに』など